紙Pは履きません!

大阪で紙Pを履かないのはデフォです。

AdobeStock_11141376


市内に数店舗あるメンズエステの体験談


さて、今回は某芸能人激似セラピスト情報だ。

今回は、人気で予約がなかなか取れないと噂のあのセラピストに突撃訪問!!
俺も大阪のメンズエステは数多く行ってきた。
そしてハズレセラピもアタリセラピも経験してきたが、セラピの顔面偏差値は過去トップクラス…それだけで息子の機嫌にも影響力大www

で、肝心の今回のセラピ情報だが年齢は20代後半で顔は抜群に可愛い。
スタイルも抜群で色白…髪はセミロングで艷やかで、一言で言うなら容姿端麗…その言葉に尽きる。

某店の人気No.1セラピストの情報が入った。
その噂の実力はいかほどなのか?
どれほどのパフォーマンス力を備えているのか?
情報の独り歩きも怖いのでそこまで期待しすぎるのもかえってガッカリすることも多かったのも事実…。

マンション到着後、インターホンを押す
「…ガチャ(無言開錠)」

無言で解錠してくれるのは正直助かりますよねw
たまに後ろに人がいると、恥ずかしいと言うかこれからメンエス行くんだなぁ…とか思われているんじゃないかと考えてしまうからねw

そして部屋の前にたどり着く…

玄関の扉が開く人気No.1セラピの容姿はどのような…?

え?某ハーフ芸能人めっちそっくりやん汗
心の声ではありましたが、著作権の問題もあるので名前は挙げれませんが激似です。
本人そっくりさんに出てきてもおかしくないレベル。

部屋に入って数秒で、まず人気の理由がわかった気がした。
しかし、この段階で俺は、このセラピの本当の意味での“実力”をわかっていなかった

部屋の奥に通され、ソファーに腰掛け飲み物をもらった。
支払いを済ませシャワーを借りる。
いい意味で言えば施術時間確保のために、それまでの時間は時短で…悪い意味では淡々と施術前の一通りを終わらせる。

シャワーを浴びながら、息子を丹念に洗う…ニヤケが止まらない。
めっちゃ可愛いやん、めっちゃテンション上がるわ~
ココでさらに心の声登場…

そんな事を考えていると、息子が大きく反応する…。

きれいに洗い終わり、念には念を歯磨きまで済ませたw

そしてシャワーから出た
顔のスペックばかり気に取られていた俺であったが、身長160センチ未満でスタイル抜群、細見のスレンダーな方で、その容姿を見ているだけで疲れが取れマイナスイオンすら感じていますw(これは肌感覚の話w)

いよいよ施術スタート

まずはうつ伏せ施術から始まった。

慣れた手付きで、左足からお尻へ、そして左のカエル足へと流れる…
さらに右足からお尻へ、右のカエル足へとうつ伏せの下半身をしっかりほぐしてくれます。
そして、四つん這いです…。

指圧、オイルともに若干?少し強めのマッサージだった。
揉み返しがないか心配だった…(後日、揉み返しはありませんでした。www)

そして、左右それぞれのカエル足のマッサージのときに、セラピとの距離感まさしくゼロ!!
背中に超密着でセラピの柔らかい肌が俺の背中にまとわりつく…

ちょおおお気持ち居いいいいい~

そして耳に吐息をかけられた俺は…
そう、俺の息子は、はちきれんばかりにギンギンになっていた…。
うつ伏せのため、圧迫感が半端ない汗

俺が興奮とムラムラが止まらなく、仰向け施術のイメージをしながら鼻息を荒くしている時…

施術が一旦止まった…
あれ?トイレにでも行ったのか?」そう思っていたが、確かにセラピはそこにいる…

まぁ~ずっとマッサージも疲れるんだろう…少しくらいの休憩は構わないw
あまりの美貌に寛大な気持ちでいたのを覚えている。

お待たせしました♪仰向けお願いします♪
セラピの仰向けの指示に従い、カワイイ顔を見て施術を受けれると念願の時間と思いながら仰向けになった…

え?…へっ??w

一言…ニヤニヤが止まらない。

某ハーフ芸能人激似のセラピは、裸になっていました。
衣装も…ブラも…そしてパンツも…

全裸のセラピを、生唾を飲みながら全身見渡した…

推定Dカップの超美乳…

細くしまったウエスト…

芸術レベルの曲線美…

…まじまじと裸を見続ける俺は、今思うとマジ気持ち悪いw

すると、セラピ自ら俺のところに近付き、添い寝するかのように急接近…汗

嘘?こんな良い思いしていいのか?本当にこんな…」今回は多めだった心の声…

と、思っていると…

キス…それは甘く、柔らかい、瑞々しい…優しいキス…
俺の疲れは吹っ飛んだ。

さらに…なんと、セラピから超とろっとろの極上ディープキスが始まった…。

俺の口の中でセラピの舌は蝶のように舞いながら入ってきた…。

なんと伝えていいのか分からないが…
口の中が桃源郷…とでも言えばわかってもらえるのか…

逆にわからないw

こんなにサービスしてくれたセラピに俺は黙っては居られなくなった。
ディープキスをしながら、俺の手はセラピのアソコを責めた…

滝のように溢れ出す…
ビチョビチョ状態に施術ができないマットに早変わり…

続けざまに俺は、推定Dカップ美乳を舐めて舐めて…舐め倒した…

ビンビンに突起する乳首…月夜に照らされたセラピの身体は反り返る…

乳首もきれいで美しい…桜色で夢の時間…美味しくいただいた…

上だけで満足しない俺…下のお口にしゃぶりつく…既に洪水状態にもかかわらず俺の唾液とミックスされ、もう何が何だか分からないくらい喘ぎまくるセラピ…
あっ…・す…ごい…きもちい…いよ…・

…ここは、メンエスか?

下のお口の突起物に俺の舌が当たる度、小さな声で大きなリアクション…

我慢できなくなったセラピは俺に言った…

もう…いいよね?…入れて欲しい…の…・

G持ってる?

持ってる」大人のエチケットw

セラピはギンギンに腫れた俺の息子に帽子をかぶせてくれた…

そして俺の息子は、セラピの娘と融合した…

ゆっくりと動き始める俺…

バック…しよ?♪

え?いきなり?
…でも、もう、どうでもよかった。
なんとでもなれと思った。

この超可愛いスタイル抜群の色白美女を抱けるなら…

やばい…めっちゃ気持ちいい…・

同じ気持ちだ

セラピの白いお尻と俺の恥骨の接触したときに奏でる
パンパン、パン、パンパンパンパン…

美しい音色だ…

次ちょうだい・…正常位♪

無言で体位変更。

正常位が俺は一番好きだ
特にキレイで美しい女の子とするときは正常位に尽きる…

細くて華奢なボディイラインをしっかりホールドしピストン速度をあげる…

喘ぎ乱れるセラピ…

感じながらも、俺を見つめる瞳…

何か言いたげな口元…

イッちゃう…・イクッイクッ♪
微かに聞こえたセラピの声

その全てが完璧にさえ見えたセラピのイキ顔と痙攣した身体…

白く美しい乳房を揉みながら、セラピがこちらを見つめる…

もう俺も我慢できない…

俺もイッていい?

放心状態のセラピは、声も出ない…無言で首を縦に振る…



果てる俺…

放出後、俺もセラピも無言でぐったり…w

そして、水を飲み少し話をした。
合体好きそうだね?キスもなんか好きそう…w

正直好き…かな…

誰とでもするの?

誰でもするわけではないよ…清潔感はある方がいいし、強引な人は嫌かなぁ~

だいたい当てはまるよねw

え?w

そんな会話をしながら時間いっぱい楽しみまくった。

俺は再訪問の約束をして家に帰った。

今回のセラピは、ちょっとやばいくらい俺はハマった。
恐らく合体依存症の恐れがある…

しかし、合体のみでマッサージが疎かというわけではない。
そこが彼女の強みでもあり人気No.1の理由だろう…実力はメジャー級、噂は事実と見た。

気になる人は必ずチェックしてくれ。

UeeDa2pxRZY3Tg71648841794_1648841822









★★★★★★★★★★★★

AdobeStock_11141376


堺筋本町の他にも数店舗あるメンズエステの体験談


今回の情報はエロスの塊…ミセス系のお店の人気上位のセラピストの紹介だ。
新しいお店を開拓しようと、ググっていたところ気になるお店を発見。

早速HPをみてセラピストを選ぶ。

HP内では、人気ランキングの記載はなかったが、セラピスト紹介欄に「間違いなくイチオシ」の文字があった。
経験豊富という文字も、俺には引っかかった。
ミセス系のセラピストを行くなら経験豊富に尽きる。

豊富な経験から繰り出されるマッサージ技術とムフフな技術に淡い期待をして120分コースを選択。レリゴ(*°∀°)=3

当日の予約は、俺の中では比較的遅めの21時頃だった。
夜遅く、「大阪メトロ堺筋本町駅」で下車、サラリーマンが帰宅する中、俺は一人逆方向に歩くw
そして、指定のマンションに到着しインターホンを押す。

はい。どうぞ~

インターホン越しから感じる色気…若さに優る「大人の色気」を感じた。

問題は、容姿である。
いくら声が良かろうと、お顔やスタイルも重要なリラックスポイントである。
そして、玄関の扉を開ける…

こんばんは~・どうぞ、お入りください♪

う…美しすぎる…

大人の色気は、声だけに留まらず。
見た目は、36~41歳ぐらいだろうか、セミロングのストレート、黒髪でツヤあり。
胸の大きく開いた衣装を身にまとい、膝丈20センチ以上のミニスカートである。

俺のジーパンの中の息子は、玄関で半勃…失礼しました、まだ早いw

奥に通され、お会計を済ませる…

シャワーの準備をする前に、俺はソファーに座ってお茶を頂いた。
セラピは横に来た…

俺の汚れたジーパンの上に手を置いて話し始めた。
距離が近い…そして、なんだかいい匂いがする。

話も半分ぐらいしか入ってこず、目線は胸元、太もも…

ふと我に返り、セラピの顔を見た。

どこ見てるの?

だめだ、このセラピに心のすべてを見抜かれている気がしたw

慌ててシャワーに聞くことを伝えると、セラピは優しく微笑んだ。

シャワー中、いろいろな妄想が俺の頭の中を駆け巡る…。

シャワー後、「経験豊富」というHPの記事から都合よく解釈した俺は、紙P無しで部屋に戻った。

セラピは紙Pを履いていない俺を優しく迎え入れた。

さあ~はじめましょうか

よろしくお願いします

指圧マッサージは入念に10分ぐらいかけただろうか…
足から腰へ、背中と肩までしっかり揉みほぐしてくれた。力加減も丁度良く非常にリラックスできた。
正直、あまりの気持ちよさに眠くなっていたw
会話もスムーズに施術を進めながら出来る確かな「経験豊富」なセラピストであった。

続いて、オイルマッサージに移る。
こちらも足から順に、太ももへ…お尻に移りオイルを馴染ませる…。

するといきなりセラピが仕事を始めた…
俺の息子袋をフェザータッチで挑発してきた汗

いきなり過ぎで俺も正直びっくりした…身体は正直なもので、俺の身体はビクついた。
その僅かな感度をセラピは見逃さず…

どうしました?

玉に、手があたったもので…汗

フフ…そうですか?当たりましたか?

完全にメンズエステとは何かを熟知しているこのセラピに俺は思った。
今日はこのまま身を任せよう…何か良い方向に転がる気がする…w

そんなことを思いながらうつ伏せオイルマッサージを楽しんだ。

カエル足に移り、鼠径部をしっかり責めていただく。
決して息子には触れず、ドキドキ感が続く…。

しかし手では触らないが、確実にセラピの腕は俺の玉に接触している。
ビクつきながらドキドキ…

四つん這い…しますか?

断る人いるんでしょうか?

たまに居ますよw恥ずかしいとかで…・

なるほど、もったいないなぁと思いながら、四つん這いになった姿を鏡越しに見た。

確かに客観的に見ると、おっさんが四つん這いになっている。
しかもそれは毎日見る俺だ…。
確かに恥ずかしいwww

なにより、その四つん這いの俺に肛門付近からセラピの手が踊っている…。

恥ずかしい。

さらにこのセラピは肛門付近を指で円を描き、息をア○ルに吹きかけるではないか汗

さすがの俺も、四つん這いに力が入らなくなってきた…汗
ぷるぷる…

感づくセラピは一言…

横になりましょうか

助かりますw

鏡に体の正面を向け、横になってください♪手は上へ…・
指示が細かく、一瞬戸惑う俺…。

初めてのパターンに未知との遭遇…

セラピは衣装の裾部分を腰まで捲くりあげ、パンツ丸出しで俺の足にセラピの足を絡ませてきたのである汗

もう…気持ちいとかそういうものを通り越して漢字二文字…

快楽

セラピの太ももの柔らかさ、時折股間にまとわりつく太もも…滑らかな足使いをエスコートするオイル…

両手が空いたセラピは、俺の乳首を責めたてる…。

両手を挙げさせたのは、このためですか…?

オイルが付くからよ・

そんな訳あるか汗…そうココロの中でツッコミを入れ全身でオイルマッサージを楽しむ。

マッサージの意味合いが変わっていく…w

俺の乳首はビンビンになり、俺の息子も眠気は吹っ飛びギンギンになった…。

休むまもなく、仰向けになるように指示される。

仰向けになった俺、下半身がトーテムポール化した息子を見て微笑むセラピ…。

この流れから4545してくれたらなぁと思っている俺。

しかし、このセラピただのセラピではなかった…超痴女的セラピだったのだ汗

4545して欲しいです汗
思いのままぶつけた俺。

何を?4545して欲しいの?

む、息子を…

どうして4545して欲しいの?

興奮させられたんで…汗

興奮は勝手にしたんじゃないのw私はオイルでカラダの疲れを取っていただけよ♪

…くっ、このセラピなかなか焦らすじゃないか。
この質問責めと言うか焦らされている期間、セラピは俺の耳から唇、首筋を通って、乳首へ爪を立ててフェザータッチを繰り出す汗

そしてへそ辺りまで降りてきたフェザータッチは俺の下半身へ行く。
鼠径部を焦らし、いざ本丸へと…行かない汗

息子は逸らされ膝へとフェザータッチは流れる汗

そして、耳元でと息を吐かれ、感じまくる俺…

早く…教えて?何してほしくてこの部屋に来たの?

あっ…汗」声が出ない俺…

ほら…こんなにチ○チ○が硬くなってるわ…・

スッキリしたくて…き…ました…。おね…がいしま…す…

そうね♪素直で良い子よ♪

このセラピマジでド淫乱過ぎる汗

ようやく拷問から開放された俺は、念願の4545タイムに入る(*´∀`*)

あれれ?チ○チ○の先からなにか出てきているわよ?

気のせいです汗 恐らくオイルではないでしょうか?汗
もう焦らされたくない俺は必死だった。

そうなの?そういうことにしておきましょうか♪

息子をようやく握ってくれたセラピ…

ゆっくりとゆっくりと俺の顔を見ながら4545を開始する…。

あっ…気持ちいい…

経験豊富という言葉は間違いではなかった。
究極の握り方、力加減、痴女的とは裏腹に優しく思いやりのあるハンドジョブ…

このギャップに、お客さんはやられるのだろう…悔しくも俺もその一人だ…。

徐々に45のテンポが上がる…。
それに連れてセラピの顔も俺の顔と近くなる…吐息が混じり合い、今にもキスされそうだ。
むしろして欲しいとさえ願った。

イキそうです…

イッちゃダメよ♪」そういいながら45テンポを更にあげる汗

ダメです汗 イキそうです汗

我慢しなさい♪まだダメよ♪

あっ…

ドピュッ、ドピュッ、ドピュッ

まだダメだって言ったじゃない♪
本当に少し怒っていたようにも見えたが、俺も頑張って耐えたほうだ…。

施術終了後、優しく体を拭いてくれシャワーへとエスコートしてくれた。
シャワー後は服まで着させて頂きギャップのオンパレードで終始満足な120分であった。

また来よう。

UeeDa2pxRZY3Tg71648841794_1648841822









★★★★★★★★★★★★

AdobeStock_11141376


大阪市内に複数店舗のあるメンズエステの体験談



以前から気になるセラピストがいたので、数日前に予約してきました。
前々から予約しようとしていたが、当日や前日では、予約は取れず基本的に「ご予約満了」状態

数日前に、予約の電話をしたところなんとか予約が取れた。

電話対応をしてくれたスタッフさんも「いつも予約取れずにすみません。今回は大丈夫です。」と声をかけてくれる良い方でした。

今回予約した、こちらのお店は30代後半~40代後半のセラピストが多く基本的には熟女好きが通う人が多いとのこと。
そんな中、今回のセラピストさんは33歳と在籍最年少で人気上位3本の指に入るというではありませんか…。
若すぎず熟女すぎず、私の心は訪問前からドキドキしていました。

120分コース、15000円+指名料1000円 合計16000円
大阪のお店の中では、高すぎず安すぎずまぁ普通の料金かなと思います。しかし、最近値段が上がりつつある大阪メンエス業界では比較的安いほうかなと思います。

予約当日、大阪メトロ(旧地下鉄)の「堺筋本町」駅で下車、駅から徒歩5分ぐらいの距離でした。
途中セブンイレブンがあるのでブレスケアを購入し、ジェントルマンを装うw
マンション1Fエントランスからインターホンを押す…ピンポーン

は~いどうぞ~・

若くハリのある声それでいて育ちの良さが伺える上品なトーン…期待は膨らむ…

HPに掲載されている写真を見る限り、お顔の一部しか見せていないのに絶対キレイなんだろうなぁとわかるレベルなのですが実物はいかがなものか…?
指定の部屋の前まで行き部屋前のインターホンを押した…ガチャ

え?めちゃくちゃキレイやんけ(;´Д`)汗
想像していた以上の美女であった…

こんな子がまだ大阪にいたのか?そんなレベルである。
しかもここは美熟女を売りにしているお店…若さを売りにしているお店でも十分トップレベルなのになぜ?
そう思いながら部屋の奥に通される。

お会計を済ませ、上着を脱ぐ…
お茶かお水どちらにしますかぁ?

その声に振り向く俺…

お茶でおねが…え?


生唾ゴックン…汗

セラピは意図的なのかわからないが、単身用の小さな冷蔵庫からお茶を取り出す際、しゃがむことなく前屈するような形でお水を取り出そうとしていました…

…わかりますか?
そうなんですお尻はこちらに向いているんでセラピのシルクパンティがチラチラ見えるんです汗
もうシャワーに行く前から俺の息子はフルボッ…自粛

冷静さを取り戻し、脱衣所に案内されシャワーを浴びる。
洗面台におかれたバスタオルと紙P…俺の経験上、紙Pは良い事がない…だから「履いて」と言われない限り履かない主義を通ら抜いている。
今回は言われるか…?
脱衣所の扉が閉まるまでに言われると…ガタン

ふぅ~」内心ホッとした。
そしてシャワーを浴び、紙Pなしで腰にタオルを巻きいざ施術へ…

うつ伏せになり指圧をされる
強すぎず弱すぎず、聞けばマサージ経験は3年以上とのこと。上手いわけだ…。
一通り、指圧を終わらせオイルマッサージに移る。

オイル塗っていきますね~
はいお願いします

緊張する俺を横目に手慣れた感じで右足ふくらはぎからゆっくりと太ももの方へ

足の付け根あたりの施術時に、俺の息子袋に当たるか当たらないかのギリギリまで来る感じ…馬鹿な俺はうつ伏せの枕の中で一人ドキドキ…。
このセラピさすがやわ…男心わかっている…

そしてお尻のマッサージから背中、肩へと流れるようにオイルを塗り込み指圧する…

控えめに言って気持ちいいし上手い!!

そして、「待ってました!!」のカエル足
鼠径部を入念にマッサージしてくれる…施術中の会話もやはりおしとやかに上品であり文句のつけようがない…。

不順な俺は思った。

こんな美人で上品な育ちのいい子に、スッキリしてもらいたいなぁ…

本当にクソな俺…

しかし俺の気持ちは嘘偽りのない本心であり、嘘は付きたくない。
でも、セラピにお願いするのも、まだ少し恥ずかしい…初対面やしね…

そんな事を考えているとカエル足マッサ中、セラピの手が俺の息子袋にワンタッチ!!汗

うっ 汗」不意打ちに思わず声が漏れる俺

フフ…・

…このセラピわざとだ…絶対今のはワザとだ…

このとき既にオレの心はセラピに弄ばれていた。
悶々としている中、畳み掛けるようにセラピは俺に言った…

四つん這い…しますか?

しないわけねーだろ汗

お…お願いします…

フフ…可愛いですね…・

もう…惚れてましたねw

おしりを突き出した俺は少し恥ずかしさを感じながら鏡越しにセラピを見た…

セラピは俺のお尻を円を描くようにオイルで撫でていた…気を抜いた瞬間

セラピは股下からすっと手を伸ばし、俺のお腹にロングストローク!!汗
僅かながら、俺の息子に触れる…

うぅ…あっ…くっ… 悶える俺…

どうかしましたかぁ?

い…いえ…あっ…くっ… 答える前に息子を撫でられる…汗

もうね…ギンギンですよ…汗

このセラピ33歳というのに技術と、このワンルームの部屋を完全にエロスの世界に変える力を持っている…

興奮が冷めやらぬ俺はセラピに言った。
体触ってもいいですか?

えぇ~はじめまして、ですよ?

だめですか?汗

少しだけですよ~

そういったセラピは上半身の衣装を脱ぎ始めた…

俺は、セラピのブラホックをゆっくりと外した…。
まじ過去最上級の美乳だった。

大きさはCカップほどだろうか?さわり心地は絹のように繊細で柔らかく、それでいて白い、乳首はキレイなピンク色であった…。

俺の息子は如意棒のように天高くまっすぐと、カチコチに…。

もう我慢できません…おっぱい舐めてもいいですか?汗

この続きは、次回来てくれたときにしませんか?

心のなかで地団駄を踏む俺…
しかし、これがメンエスの醍醐味でもあると自分に言い聞かせた。

次、来た時…〇〇ちゃん抱いてもいい?

フフ…大胆な方ね・そんなにはっきり言う人居ないよ?w

そうですねw

その雰囲気になったら、私も人間だから…その…なんていうのかな…止められなくなっちゃうときもあるの…・恥

…え? 聞き間違いか?いや確かにハッキリと恥ずかしそうにしながらそう言った。

なんて言ったの?聞こえないよ?w

なんにもないよ♪ 恥ずかしそうに照れ笑いをしてセラピは俺に微笑んだ。

もうすぐ時間だ…

こんなに固くなってる…・

スッキリしたいなぁ…手で…ダメ?

本当にハッキリ言う方なのね・…じゃあ手で気持ちよくさせてあげましょうね♪

はちきれそうなくらいパンパンに張った息子を、美乳をさらけ出したセラピが優しく、4545してくれる…。

え?ちょ…汗

なんとセラピは俺の乳首をペロペロしながら4545してくれるではないか汗
その状況を時間いっぱい楽しみたいと思った瞬間…

やばい…イキそう…汗
いっぱい出して♪

そう言いながら乳首ペロペロを止めないセラピ…汗



大昇天…

放出後、放心状態の俺…

はじめましてのお客にここまでしてくれるセラピはそういない。
たとえ居たとしてもビジュアル的に欠点が多いセラピの場合があるが、このセラピは違う。

次回の匂わせ方や、サービス、ホスピタリティ…間違いなくトップレベルだ。このお店で人気な理由がわかる。

放心状態の俺は、横でタオルを畳んでいるセラピのパンティが見えたので無意識に触ってしまった…

そのパンティは、ほんのり濡れていた汗

え?濡れてるよ?
いやっ 汗 ダメなの…あんなに責めたら私も欲しくなっちゃって…濡れちゃった…・照

まじか…このセラピ…

エロ過ぎる…

天職だな…


ピロートークを楽しみ、最後シャワーを浴びて帰路についた。
訪問して思ったこと、絶対再訪問確定の優良セラピだった…。

それに尽きる。

UeeDa2pxRZY3Tg71648841794_1648841822









★★★★★★★★★★★★

↑このページのトップヘ